新BizLabo通信第6号:お店をITで効率化(3)複数のネット予約とリアル予約を管理するサイトコントローラー

飲食業や宿泊業、理美容業や施術業など、予約制の事業では、電話やホームペー以外の、外部の予約サイトや口コミサイトなどからも予約を受け付けたいですよね。

 

例えば、飲食業なら食べログやYahoo!グルメなど、理美容・施術系ならHotPepper Beautyなどの予約サイト・口コミサイトに登録して、広く予約を受け付けることができます。

 

しかし、これらの事業では、店舗ごとに座席数が限られているため、同じ日時に受け付けられる予約数が制限されてしまいます。

 

同じ日時に予約が受け付けられるかを、予約が入る都度、確認しながら対応するのは大変です。

 

ましてや、少人数で理美容業や整骨院系、ビューティー系の事業をされておられる方でしたら、施術中に予約の対応をしなければならず、その間、お客様をお待たせしないといけなくなります。

そうなると、お客様の施術時間が少なくなってしまい、クレームの原因にもなります。

 

特に、繁忙期では、手書きの台帳で管理をしていると、予約内容の変更や日時変更などで、台帳がまっ黒になって何を書いているのかわからなくなることも。

 

これでは、ミスが出てしまいます。。。

 

こういったミスを防止するには、自店舗だけでなく、複数店舗や外部の予約サイトの予約も座席在庫数を自動的に一元管理できるような仕組みが必要ですね。

 

そこで活用できるのが、サイトコントローラーというサービスです。

 

飲食業ならRESRAKUお席トットくん、理美容ビューティー系ならKANZASHI、宿泊業系ならTEMAIRAZUねっぱん!など。

 

これらのサービスに在庫数を登録しておけば、あるサイトから予約が入ったときに、他のサイトの在庫数を同時に減らしてくれるので、予約の都度、在庫数を確認・修正する手間が省け、ミスも防止できます。

 

これで、自社ホームページに予約ページが設置できて、予約サイトからの予約管理もできるようになりました。

 

こういったリアルとネットでのリアルタイムな管理は、小売業の在庫管理でも必要になります。

小売業の在庫管理サービスについては、またの機会に。