新BizLabo通信第9号:お店をITで効率化(6)確定申告のお供

さて、前回のブログでは、クラウド会計ソフトについてご紹介しました。個々のクラウド会計ソフトについては、またいずれ記事を書こうと思っていますが、今回は確定申告の際の便利グッズをご紹介します。

 

確定申告の方法には、申告書類を作成して税務署に持参する方法と、e-Taxで電子申請する方法があります。

 

確定申告書類は、申告書類に手書きして税務署へ持参して提出することもできます。

でも、せっかく会計ソフトを使って決算書や確定申告書まで作成できるようになったので、確定申告も電子申請にチャレンジしたくなりますよね。

 

電子申告の際に、必要になるのがこれですよ、これ。

 

e-Tax対応、マイナンバー対応のカードリーダー。

 

確定申告は、国税庁のホームページにある確定申告書等作成コーナーから、電子申告ができます。

 

e-Taxで申請をする場合には、電子証明書が組み込まれているマイナンバーカード(または住民基本台帳カード)が必要になるのですが、その際に必要になるのがこのICカードリーダライタです。

 

e-Taxで申請するためには、次のような準備が必要になります。

 

・インターネット環境に接続されているパソコンの準備

・推奨されているブラウザ(インターネット閲覧ソフト)の準備

・マイナンバーカードまたは住民基本台帳カード

・ICカードリーダライタ(e-Tax対応のもの)

・セットアップファイルのダウンロード(国税庁の確定申告等作成コーナーにあります)

 

まず、会計ソフトで決算書を作成しておきます。

次に、会計ソフトで作成した決算書の数値を国税庁のホームページにある確定申告書等作成コーナーの「申告書・決算書・融資内訳書等 作成開始」ボタンを押すと、税務署への申請方法として「e-Tax」か「書面提出」が選べます。

 

「e-Tax」での申請を選択すると、「利用者識別番号」を入力すれば、確定申告書類の作成コーナーに進めますので、必要事項を入力後、送信すれば申告終了です。

 

初めて確定申告をされる方は、まずは会計ソフトで作成した決算書の数値を、国税庁のホームページにある確定申告書等作成コーナーで入力・転記して決算書・確定申告書、収支内訳表を作成し、プリントアウトしたものを所轄税務署の窓口や、青色申告会などでチェックしてもらってから提出することをおすすめします。